湯呑茶碗の中にみる日本の美意識

 

春らんまんの桜の季節は、いつもあっという間に過ぎ去ってしまうものですが、

限られている期間だからこそ、毎年魅了されてしまうのかもしれません。

 

そんな期間限定の桜の季節のごあいさつによく登場するのは、桜の塩漬けを使った

「桜のバスボム」です。

 

 

贈られた女性は、一見、「和菓子?」という表情をされるのですが、

いつもの入浴に「桜」を持ってゆく特別感を喜んで頂くことが多いです。

 

浴槽でシュワシュワ~っと溶けながら、桜の花びらがまるでバレリーナのように踊りだす可憐さは

見ていて全く飽きません。

IMG_7555

 

 

お祝いの席にふさわしい桜茶

アロマクラフトが趣味のひとつでもあるので、ちょっと変わった使い方からご紹介しましたが、

やはり王道は、「桜茶」です。

 

お湯呑茶碗の中で可憐な花が一輪咲いたような、

「日本の春・美・慶び」がつまっているような華やかさを持つ「桜茶」。

 

その雰囲気から結納などのお祝いの席で大切に出されてきました。

 

お茶を濁す」「茶々を入れる」という表現があるため、お茶は使わず、

「花開く」ことから「桜茶」、 「よろこぶ」ということから「昆布茶」というように縁起担ぎの要素もあります。

IMG_1551

 

桜茶に使われる桜は、見た目も艶やかな「八重桜」

ぱっと目を引くピンク色の「八重桜」は、塩と梅酢に漬け込まれ、「桜の花の塩漬け」になります。

 

 

美味しい桜茶の淹れ方

・塩漬けの桜の花を一輪取り出す。

・ぬるめのお湯に5分ほど浸し、塩抜きをする。

・少しづつ開いてくる花びらをお箸などで優しく揺らし、花びらの奥に詰まった塩もお湯の中に溶かす。

・お湯呑茶碗に熱湯を注ぎ、塩抜きした桜の花を浮かべます。

・塩抜きした際のぬるま湯をティースプーン1杯程お湯呑茶碗に加えて、出来上がり。

IMG_0958

 

桜の香りの正体と効能

梅と違って鼻を近づけてもかすかに香る程度の桜の香り。

桜茶や桜の紅茶、桜餅の葉っぱなどは、その独特な香りから「桜」ということがすぐに分かります。

 

あの独特の香りの正体は、「クマリン」。

桜の花や葉っぱを塩漬けすることで出てくる成分です。

 

リラックス効果や抗菌作用、二日酔い、頭痛にも効能があります。

 

 

春のお菓子を一層華やかに

桜餅や羊羹の上に乗せたり、パウンドケーキやゼリーに入れてもとても風流です。

 

日本中が淡いピンク色に染まる桜の季節が過ぎると、ツツジや菖蒲などが目に留まる初夏が巡ってきますが、

桜茶は、いつの季節でもどこでも「お湯呑茶碗の中で日本の美や幸せを愛でられる飲み物」ではないでしょうか。

s_IMG_0163 IMG_6553

Poiget LINE BLOG