神聖なハーブをポワジェからお届け

ネイティブアメリカンの間で神聖なハーブとして受け継がれてきたセージは、日常の様々なシーンや
セレモニーでの浄化、祈りを捧げる際にも使われてきました。この神聖なハーブをポワジェからお届けいたします。

スマッジング(セージの先に火を点けて消し、煙をいぶすこと)により
自分自身や周りの方、動物、植物、クリスタルなどあらゆるものを浄化することができます。

セージの煙が、ネガティブなエネルギーや感情、ストレスなど不要なものを運び出してくれて、セージが放つクリアで清々しい香りは、瞑想する時や集中する時にも最適です。

神聖なハーブをポワジェからお届け

リラクゼーションのアイテムとしても楽しむことができます。

スマッジングによるセルフメンテナンスであなたのエネルギーフィールドをいつもクリアな状態にキープします。

スマッジングは大変神聖な行為でもあります。
感謝の気持ちを込めて焚きましょう。

Our main products

ポワジェのメイン商品のご紹介

ホワイトセージ

ホワイトセージは南カリフォルニアのサンタ・バーバラからバハ・カリフォルニアにかけての西海岸に多く繁殖しています。

ホワイトグレーの葉は、大きめで扱いやすく香りもとてもリッチでパワフルです。
スマッジングによるあらゆる浄化に最適です。

また、ホワイトセージは怒りや暴力などが原因で心理的な混乱が生じた場合のヒーリングに役立つとも言われています。

神聖なハーブをポワジェからお届け

1.アバロニシェルとホワイトセージをベースにバラの花びらやラベンダー、シナモンなどのハーブをセットにした素敵な香りのキット

内側に虹色の表面感を持つアバロニ・シェル(メキシコ湾産アワビ貝)は、ネイティブアメリカンにとって母なる海、水を象徴する物としてスマッジングを行なう際に器として使われます。 また、パワーをもたらすと言われるシナモンのスティックは、そのまま火を点けるかチャコール(炭)などの上に置きホワイトセージとともに焚きます。

香りは、シナモンの甘い香りとのバランスが絶妙のバラの花びら、ラベンダーなどをミックスしたリラクゼーションと 華やかな気持ちをもたらす癒しの香りです。 (セット内容は時期により異なる場合があります。)

浄化のハーブで知られるセージとの組み合わせは、日頃の疲れを癒すのに最適です。
プレゼントにもぴったりです。

神聖なハーブをポワジェからお届け

2.バラエティパック(3本セット)

ホワイトセージ、ジュニパー、ブルーセージの組み合わせです。各種浄化のハーブです。いろいろな香りをお試しいただけます。

✾ジュニパーは、120cm~180cmの低木で、北半球の広範囲にわたって繁殖します。多くの文化がジュニパーを安全で神聖な環境を作り出すために用いてきました。 ネイティブアメリカンは、その葉を乾燥させスウェットロッジなどで熱い石の上にのせ、浄化と精霊を呼ぶために使用します。 ジュニパーは、悪いエネルギーや疫病など悪い影響を追い払う特性を持つと言われています。

✾ブルーセージは、アメリカ西部の高原砂漠地帯に繁殖するスタンダードなセージです。
中でもコロラドのグランドメサに自生するブルーセージは、フレッシュで優しい香りを放ちます。 他のセージ同様、悪い霊や感情、影響力を追い払うために焚かれます。また自然の蚊よけとしても使われます。

神聖なハーブをポワジェからお届け

3.アバロニシェルと天然木

アバロニシェルと天然木のスタンドは、セージやインセンスを焚くための器として最適です。
火・風・水・土の4大元素のバランスが整います。

(アバロニシェル)
内側に虹色の表面感を持つアバロニ・シェル(メキシコ湾産アワビ貝)は、ネイティブアメリカンにとって母なる海、水を象徴する物としてスマッジングを行う専用の器によく用いられます。

貝は万物を構成する4大元素(地・水・火・風)の1つとして海のもの、水を意味します。 海のものである「貝」の上に大地のもの「土」を敷き、「火」種となるチャコール(炭)をその上に置きます。「風」や空気を使い自然の恵みであるセージを焚くのです。

大陸砂漠地帯に暮らすネイティブの人々が貝を使うことは、自然と共に生きてきた彼らにとって1つの小さな地球または自然界を表現することでもありました。 貝の中でも特にアバロニ・シェル(アワビの貝)が好んで使われています。貝の内側の美しさに惹かれ使うようになったのでしょう。 セージ専用の器として是非お使いください。

神聖なハーブをポワジェからお届け

4.天然木のスタンド

セージやインセンスを焚くのに最適な器アバロニシェルのためのスタンドです。 シェルは火種を燃やす際にとても熱くなるので、
テーブルなどを守るためにご利用ください。
(天然木使用)

How to use

ハーブはどうやって使うの?

バンドルタイプ
ハーブを焚く専用の器を用意します。バンドルの先端に火を点け、振って火を消し、煙をくすぶらせます。
手またはスマッジフェザーを使い、浄化したいものや場所、空間に煙を行き渡らせます。

ルーズリーフタイプ
ハーブを焚く専用の器を用意します。葉が大きめなホワイトセージは1枚ずつ火をつけお使いいただけます。

また消えやすい場合は、チャコール(着火タイプの炭)を使い焚きます。
貝でチャコールを使うときは、チャコールがかなり熱くなるのでシェルスタンドの上に貝を乗せてからお使いください。

使用上の注意

  • これらのハーブを焚く、またはチャコールに火を点ける際は、安全のため火 が完全に消えたのを確認してからその場を離れるようにしてください。
  • マンションなどで防災用の煙探知装置を備えているお部屋では、煙が出すぎないよう注意して下さい。